バレ イースタンで実戦復帰、いきなり2安打「良かったと思う」

[ 2014年7月11日 14:25 ]

<イースタン ヤクルト・DeNA>3番・DHで実戦復帰したヤクルト・バレンティンは約1カ月ぶりの打席に立つ

 左アキレス腱痛で2軍調整中のヤクルト・バレンティンが11日、イースタン・リーグDeNA戦(戸田)で実戦復帰を果たした。

 「3番・DH」で先発し、初回の第1打席で二塁強襲の内野安打、4回の第2打席では無死1塁から中前打を放って代走と交代し、2打数2安打だった。

 上々の復帰戦にバレンティンは「やっと戻ってこられたという感じ。良かったと思う」と安ど。13日にもDeNA戦(神宮)で復帰という見方もあるが「明日(12日)次第だが、いいと思えば戻れると思う」と話した。

 同選手は6月14日に左アキレス腱痛のため出場選手登録を外れ、今月8日に屋外では初となるフリー打撃を敢行、145メートル弾を放つなど復帰準備を進めていた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年7月11日のニュース