岩隈、7回無失点で7勝目!3連続含む今季最多10K!無四球のおまけつき

[ 2014年7月8日 13:45 ]

ツインズ戦に先発したマリナーズの岩隈(AP)

ア・リーグ マリナーズ2―0ツインズ

(7月7日 シアトル)
 マリナーズの岩隈久志投手(33)は7日(日本時間8日)、シアトルで行われたツインズ戦で今季13試合目の登板に先発で臨み、7回4安打無失点で7勝目(4敗)をマークした。

 快調に飛ばした。初回、2回と1安打ずつ打たれた岩隈だが、その後しり上がりに調子を上げ、3回から4回にかけて3者連続で三振に斬って取るなど好投。7回に2回以来となる久々の安打を浴び、2死二、三塁のピンチを招いたが、後続を断って無失点でしのいだ。

 味方打線の援護は、2回のズィニーノ、7回のソーンダースと2本のソロ本塁打による2点だけだったが、その2点のリードを保ち、7回無失点で降板。8回を2番手・ファークワー、9回を3番手・ロドニーが無失点に抑えて逃げ切った。

 岩隈の投球内容は、7回で105球を投げて毎回となる今季最多10三振を奪い、4安打無失点、無四球だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年7月8日のニュース