×

大谷 今年は投手で球宴選出 谷繁は8年ぶり兼任監督出場

[ 2014年7月3日 17:18 ]

球宴に投手で選出された日本ハム・大谷

 マツダオールスターゲーム2014の監督推薦選手が3日に発表され、日本ハムの大谷翔平が昨年の外野手に続き、投手として選出された。

 セパそれぞれ出場28選手が決まり、球団別ではセの広島が8人で最多。パはソフトバンクとオリックスが7人えらばれた。最少はセは阪神が藤浪、鳥谷の2人、パはロッテで鈴木が選出された。

 監督推薦で選出されたのはセ13人、パ12人。初出場はセが雄平(ヤクルト)、井納(DeNA)ら13人で、パが則本(楽天)、柳田(ソフトバンク)ら7人。新人選手は三上(DeNA)のみが選ばれた。

 中日の谷繁は捕手として選出。選手兼任監督が選出されるのは、06年の古田敦也(ヤクルト)以来。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2014年7月3日のニュース