前日に自打球…ヘルマン欠場も17日G戦出場に意欲

[ 2014年6月16日 05:30 ]

交流戦 オリックス4―6中日

(6月15日 京セラD)
 14日の中日戦で自打球を左足甲に当てたヘルマンは15日、欠場。「トレーナーに治療してもらって、良くなっている。次の試合は大丈夫」と17日からの巨人戦には出場する意気込みを見せた。

 代役として三塁に入った原拓が、初回の2死満塁で2点適時打を放つなどアピール。森脇監督は「そうそう打てるもんじゃない。素晴らしい」と絶賛した。左足ふくらはぎの張りを訴え8回の守備から交代した平野恵も「大丈夫」と話しており、同巨人戦には問題ないもようだ。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年6月16日のニュース