立命大 13年ぶり初戦突破!エース桜井、150球投げ抜いた

[ 2014年6月12日 05:30 ]

<立命館大・奈良学園大>先発で力投する立命館大・桜井

全日本大学野球選手権第2日 立命大3―1奈良学園大

(6月11日 東京D)
 立命大が13年ぶりに初戦を突破した。優勝決定戦を含めた春のリーグ戦で1500球以上を投げたエース桜井が150球で9安打1失点完投。「二塁に走者を背負ったときに力を入れた」と、めりはりの利いた投球で要所を締めた。

 同点で迎えた9回には神港学園(兵庫)で高校通算85本塁打の3年生、横川が大学公式戦初本塁打という右越えソロを放ち「大事なところで打てて良かった」と値千金の一発に声を弾ませた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年6月12日のニュース