山田が貴重な先頭打者弾「全然思っていなかったので、びっくり」

[ 2014年6月11日 23:00 ]

<楽・ヤ>1回無死、左越えに先頭打者本塁打を放ち、ベンチの祝福を受ける山田(右)

交流戦 ヤクルト1―0楽天

(6月11日 コボスタ宮城)
 ヤクルトの山田が1回に今季3本目となる先頭打者本塁打を放った。フルカウントから甘く入った川井の変化球を左中間席へ運んだ。結果的にこの一打が勝敗を分け「全然(そうなると)思っていなかったので、びっくり」と驚いた。

 今季は「1番・二塁」で全試合に先発出場し、3割を超える打率をキープ。本塁打も8本目とし「バットの軌道をボールの下にうまく入れて、しっかりスイングできている」と好調の要因を明かした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年6月11日のニュース