亀井 攻守で勝利に貢献 原監督「隙のない守備をした」

[ 2014年6月11日 22:50 ]

交流戦 巨人2―1日本ハム

(6月11日 札幌D)
 巨人の亀井が攻守で勝利に貢献した。まずは2回1死一塁で先制の適時三塁打。大谷の速球に力負けしないように、ポイントを前に置いて右中間にはじき返した。「早く点が欲しかった。しっかり捉えられた」と胸を張った。

 守備では1―1の8回だった。先頭の大野が放った右翼線に落ちる安打をさばき「ランナーが見えていた。体が反応した」と一塁にすぐに送球。オーバーランした走者を刺した。原監督も「隙のない守備をした」と褒めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年6月11日のニュース