駿太 オリ4年ぶりの代打満塁本塁打!「入るとは思わなかった」

[ 2014年6月11日 22:43 ]

<オ・D>西は9勝目をあげ満塁弾の駿太(左)とともにお立ち台で「さらにひとつになろう」を絶叫する

交流戦 オリックス8―5DeNA

(6月11日 京セラD)
 オリックスの駿太が8回、1死満塁の場面で代打として登場。球団では10年のT―岡田以来となる代打満塁本塁打を放った。「先輩方が必死につないでくれたので、何とか走者を返そう」という思いで打席に臨み、「抜けたと思ったが、入るとは思わなかった」と振り返る打球はライトスタンドの突き刺さる試合を決める貴重な追加点となった。

 5月25日の対戦では投ゴロに倒れていた加賀との対戦。「前にやられている投手だったので、初球から行こうと思った」と語り、リベンジを果たせたことに満足げだった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年6月11日のニュース