ペーニャ リーグ単独トップの16号「積極的にいこうと思っていた」

[ 2014年6月11日 19:04 ]

<オ・D>3回2死、ペーニャは中越えソロを放ち神に祈りをささげる

交流戦 オリックス―DeNA

(6月11日 京セラD)
 オリックスのペーニャが、5月25日以来となる16号ソロを放った。

 1回に幸先良く3点を先制したオリックスは3回、2死走者なしの場面で、打席にはペーニャ。DeNAのエース・井納の投じた初球の変化球を完璧に捕らえるとライナー性の打球がバックスクリーンへ一直線に飛び込んだ。

 16号ソロは、15本で並んでいた楽天・ジョーンズを抜いてリーグ単独トップ。そして、5連勝を狙うチームの貴重な追加点。「 打てる球が来たら、積極的にいこうと思っていた。甘く入ってきたスライダーを1発で仕留めることができたね!とにかく、追加点を取ることができてよかったよ!」 と喜んでいた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年6月11日のニュース