岩隈「負けたので悔しい」もイチローとの勝負には手応え

[ 2014年6月11日 15:29 ]

ヤンキース戦の8回途中で降板し、ベンチでうつむくマリナーズ・岩隈(左手前)

ア・リーグ マリナーズ2―3ヤンキース

(6月10日 シアトル)
 マリナーズの岩隈久志投手(33)は10日(日本時間11日)、シアトルで行われたヤンキース戦に先発し、7回1/3で108球を投げ、7安打2四球5奪三振3失点で3敗目(4勝)を喫した。チームは2―3で敗れた。

 岩隈は「全体的には良かった」と言いつつも「試合はつくれたかなとは思うが、負けたので悔しい気持ちがある」と語った。

 また、ヤンキース・イチローに対しては3打席とも封じ、これで対戦成績を11打数1安打と得意しているが「厳しく攻めながら勝負できたのは良かった」と語っていた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年6月11日のニュース