九産大 延長戦制した 浜田力投、15年ぶり白星呼んだ

[ 2014年6月11日 05:30 ]

<九産大・広島経大>8回2死一、二塁のピンチで藤川を三ゴロに仕留めた九産大・浜田はナインと喜び合う

全日本大学野球選手権1回戦 九産大1―0広島経大

(6月10日 東京D)
 九産大はエース浜田の力投が15年ぶりの1勝を呼び込んだ。

 最速144キロで8三振を奪い、8回1/3を無失点。延長11回タイブレークの末に広島経大を破り「みんなを信じるしかなかった。勝ちたい気持ちが出ていた」と喜んだ。昨秋リーグ戦では九州共立大の大瀬良(現広島)に投げ勝つなどリーグ通算20勝の左腕は「プロ一本でいきたい」と進路を表明した。 

 ▼広島経大・山本翔監督(延長戦に持ち込むもサヨナラ負け)強い相手に対等とまでは言えないけれどよくやった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年6月11日のニュース