×

陽岱鋼が登録外れる 9日の中日戦で左膝負傷

[ 2014年6月10日 18:59 ]

 日本ハムの陽岱鋼外野手が10日、左膝の負傷のために出場選手登録を外れた。9日の中日戦(ナゴヤドーム)で走塁中に捕手のスパイクが左膝にかかり、11針を縫うけがをしていた。

 10日、札幌市内の病院で傷口を確認し、10日後に抜糸して状態を見ながら練習を再開することが決まった。陽岱鋼は過去2年間、全試合に出場。今季も開幕からの57試合全てに出場し打率2割7分1厘、11本塁打、31打点だった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2014年6月10日のニュース