東芝 接戦制し6年連続切符!ルーキー柴原が千金決勝打

[ 2014年6月3日 05:30 ]

6年連続の都市対抗出場を決め、喜ぶ東芝ナイン

都市対抗野球2次予選 西関東第1代表決定戦 東芝3-1三菱日立パワーシステムズ横浜

(6月2日 横浜)
 東芝が接戦を制し、6年連続の都市対抗出場を決めた。就任1年目の工藤賢二監督は「みんなが一生懸命やった。全員が力を出し切った」と興奮気味に振り返った。

 0―0の8回1死二塁から日大出身のルーキー・柴原が決勝の左翼線二塁打を放ち「前の打席で嫌な打ち取られ方だったので、内角を狙っていた」。捕手らしい読みで、今秋ドラフト候補の三菱日立パワーシステムズ横浜の野村から値千金の一打につなげた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年6月3日のニュース