×

DeNA・尚成、またも初白星ならず…5回4失点で降板

[ 2014年5月28日 20:27 ]

<D・ソ>4回1死、ソフトバンク・中村(左)に右越えソロを浴びたDeNA先発・尚成

交流戦 DeNA―ソフトバンク

(5月28日 横浜)
 DeNA・尚成の今季初白星はまたもお預けとなった。28日のソフトバンク戦(横浜)で今季8試合目の先発マウンドに上がったが、5回9安打4失点で降板した。

 立ち上がりから苦しい投球を続けた。初回こそ1死二塁のピンチをしのいだが、2回に2死二塁から細川に中越え適時打を打たれて先制を許すと、3回には連打と四球で1死満塁のピンチを背負い中犠飛で2点目を失った。球数は3回までに63球を要した。

 味方打線が同点に追いついた直後の4回には、中村に右越え2号ソロを浴びて勝ち越しを許し、さらに5回にも柳田に左中間6号ソロを被弾。2回から4イニング連続失点では、ベンチの中畑監督の表情は厳しいままだった。
 
 今季ここまで0勝4敗。前回22日の楽天戦では6回2失点(自責点0)と好投したものの、打線は零敗を喫し、日本球界に復帰後の初白星はお預けとなっていた。この日は打線が粘りをみせ、5回にブランコの左前適時打などで再び同点に追いついたが、6回のマウンドには2番手・国吉が上がった。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2014年5月28日のニュース