上原が11セーブ目!田沢も踏ん張りRソックス2連勝

[ 2014年5月28日 11:54 ]

3人を完璧に抑え、今季11セーブ目をマークしたレッドソックスの上原(AP)

 米大リーグ、レッドソックスの上原は27日(日本時間28日)、アトランタで行われたブレーブス戦の9回に登板、1回を無安打無失点、2奪三振で今季11セーブ目を挙げた。レッドソックスは6―3で勝ち、10連敗の後2連勝。

 上原は3点リードの9回に5番手でマウンドへ。先頭のヘイワードを空振り三振、続くB・アップトンを右飛に打ち取り、最後はフリーマンをフルカウントから空振り三振に仕留めた。

 田沢は6―3と逆転した7回2死一塁の場面から3番手で登板。2/3回を1安打1四球無失点だった。J・アップトンに右前打を浴びてピンチを広げたが、ジョンソンを右邪飛に仕留め、8回はアグラに四球を与えたものの、続くレアードを右直に打ち取り、1死一塁でミラーと交代した。

 ▼上原の話 昨日勝った後、今日負けたら意味がなくなる。今日勝ったのはチームにとって大きかったんじゃないか。まだ2カ月しか終わっていない。まだまだ(試合は)ありますから。

 ▼田沢の話 回またぎ(の投球)は難しい。(八回の先頭打者に与えた)四球はちょっともったいなかった。でも悪いボールではなかったと思うので、引き続きああいった投球ができればいいかなと思う。

続きを表示

この記事のフォト

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2014年5月28日のニュース