×

大谷、18打席ぶりの安打で先制!重い空気吹き飛ばした

[ 2014年5月24日 14:25 ]

交流戦 日本ハム―DeNA

(5月24日 札幌D)
 日本ハムの大谷が18打席ぶりに安打を放ち、先制点をたたき出した。

 初回1死三塁からDeNA先発のモスコーソのカーブを打ち、三塁手のバルディリスのグラブをはじいた強い打球は左翼線へ。先制点となる適時二塁打となった。

 前日23日に4安打完封負けをした日本ハム。続く中田も安打を放ち、5番ミランダが中越えの3点本塁打。大谷のバットが重い空気を吹き飛ばし、試合の主導権を握った。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2014年5月24日のニュース