覚えてますか? マー君の前回敗戦は2年前の8月19日

[ 2014年5月22日 05:30 ]

<カブス・ヤンキース>3回1死二塁、ボニファシオ(右)の時、暴投でピンチを広げた田中は渋い表情

インターリーグ ヤンキース1―6カブス

(5月20日 シカゴ)
 田中のレギュラーシーズンの連勝は34で止まった。楽天時代はプロ野球最長の28連勝で終えた。大リーグの連勝記録は36~37年にカール・ハッベル(ジャイアンツ)が記録した24連勝。かつて米国で黒人により結成されたニグロ・リーグでは、同じ36~37年にレイモンド・ブラウン(ホームステッド)が28連勝している。この日の田中は6回を投げて4失点ながら自責点は3。開幕から9試合連続でクオリティースタート(6回以上で自責点3以下)となった。

 ▽レギュラーシーズンでの田中の前回敗戦 6回に5連打を浴びてKOされ、5回0/3を10安打6失点で4敗目を喫した。5回には栗山から史上6番目のスピードで通算1000奪三振を達成したが、チームは同一カード3連敗。降板後には「もう少しリズムを考えなければいけなかったけど、単調になりすぎた。要所要所で甘かったかもしれない」と話した。

 ◆12年8月19日 (西武ドーム)
楽天 010 000 010―2
西武 000 105 00X―6
 (楽)●田中、ハウザー、加藤大、片山―嶋、岡島
 (西)山本、○十亀、岡本篤―炭谷

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年5月22日のニュース