【パ6球団総括】オリ・森脇監督「戦う姿勢貫いていく」

[ 2014年5月19日 12:17 ]

首位で交流戦突入を決めたオリックス・森脇監督

 ▼1位 オリックス・森脇監督 順位を言っても5月はまだ、5割くらいなんだから。(交流戦は)集中するには分かりやすい日程だし、常に新鮮な気持ちでワンプレーを大事にして戦っていく。挑戦者として勇敢に戦う姿勢を貫いていく。

 ▼2位 ソフトバンク・秋山監督 打線は点を取れるところで取れずに試合を落としている。先制点を取られる展開で投手陣には苦しい試合も続いた。勝つことが大事だけど、その中で(個人として)どうだったのかを選手は考えてほしい。

 ▼3位 日本ハム・栗山監督 最低限の(勝率)5割でいこうということはできたので良かった。これからも一試合一試合が勝負になっていく。きょうのような試合をしていては駄目。必死になって、一つ一つ頑張っていきます。

 ▼4位 ロッテ・伊東監督 開幕からチーム状況が良くない中で、我慢の時期が続いた。最後は勝てたので、気持ちよくとはいかないまでも、交流戦に向けて少しは弾みがついた。交流戦で何とか流れに乗っていければと思っている。

 ▼5位 楽天・星野監督 ボウカーが加わって打線の選択肢は増えたが、得点を奪えなければどうにもならない。投手は打者との駆け引きも含め厳しくいかないと。(交流戦でDHがない場合は)代打(で投手交代)もある。思い切ってやる。

 ▼6位 西武・伊原監督 4月は強い打線を組めなかった。中村が帰ってきてメヒアが加わり形になってきた。いい形で締めくくれた。交流戦は直接、パ・リーグの上位を追い落とすというふうに戦えない。そういう意味では大事になる。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2014年5月19日のニュース