大谷 札幌Dで「リアル二刀流」 20日中日戦先発濃厚

[ 2014年5月14日 08:03 ]

<日・西>7回2死一塁 永江を空振り三振に打ち取り雄叫びを上げる日本ハム・大谷
Photo By スポニチ

パ・リーグ 日本ハム3―0西武

(5月13日 函館)
 日本ハム・大谷の次回先発は交流戦開幕となる20日の中日戦(札幌ドーム)が濃厚だ。野手としてはここまで「DH」での起用が中心だったが、交流戦からは外野守備にも就く。

 栗山監督は「前から(チームは)交流戦で勝負を懸けると言っている。もちろん、翔平の体の状態次第だが、守備に就くこともある」と言及した。今季の交流戦はパ・リーグの本拠地ではDH制がないため、札幌ドームで「リアル二刀流」が実現する。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「水島新司」特集記事

2014年5月14日のニュース