阪神 延長戦制す ルーキー梅野 値千金の2点弾 高宮 6年ぶりの白星

[ 2014年5月6日 22:47 ]

12回表無死一塁、阪神・梅野は左越えに勝ち越しの2点本塁打を放つ

セ・リーグ 阪神6―3中日

(5月6日 ナゴヤD)
 阪神が延長12回の末、中日を振り切った。

 12回、無死一塁で梅野が左越え2点本塁打を放ち均衡を破ると、さらに鳥谷の適時二塁打が飛び出し試合を決めた。11回に打者1人を打ち取った高宮が横浜時代の2008年以来6年ぶりのプロ通算4勝目をマークした。

 中日は7回に押し出しで勝ち越すも、9回に岩瀬がつかまり同点に。8回以降は走者を出せず、4時間を超える試合を落とした。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年5月6日のニュース