ソフトバンク イチロー以来史上2度目のサヨナラ振り逃げ勝ち

[ 2014年5月6日 18:27 ]

<ソ・日7>9回1死、二、三塁、松田の時、三振、振り逃げでサヨナラ勝ちし三走の明石を出迎える内川

パ・リーグ ソフトバンク2―1日本ハム

(5月6日 ヤフオクD)
 ソフトバンクは同点に追いついた9回1死二、三塁で松田が空振り三振をしたが、日本ハム・増井が投げた外角の変化球が暴投となり、三塁走者・明石が生還。逆転サヨナラ勝ちを収めた。

 1994年6月12日、グリーンスタジアム神戸で行われたオリックス―ロッテ戦でイチロー(ヤンキース)が記録して以来、 プロ野球史上2度目の「サヨナラ振り逃げ」となった。秋山監督は「野球は最後の最後まで分からないね」と目を白黒させていた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2014年5月6日のニュース