西武守護神の十亀 先発再転向へ ボウデンは中継ぎに

[ 2014年5月5日 09:32 ]

パ・リーグ 西武9-8ロッテ

(5月4日 QVC)
 西武守護神の十亀が先発に再転向することになった。

 6回から3イニングを投げて3失点も今季初勝利。試合後に伊原監督は「次から先発に回す」と先発投手の駒不足もあり、配置転換を決断した。十亀は今季先発から抑えに転向し、3セーブを挙げていた。また、初先発して3回3失点だったボウデンは中継ぎに戻り、先発ローテーションは牧田、野上、菊池、岸、十亀の5人で回す。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年5月5日のニュース