楽天 ボウカーが入団会見 交流戦で「マシソンの直球打ち返したい」

[ 2014年5月3日 10:39 ]

入団会見でガッツポーズするボウカー

 楽天の新外国人、ジョン・ボウカー外野手(30)が3日、仙台市内のコボスタ宮城で入団会見を行い、「一生懸命全力でプレーして、打撃だけでなく守備でも貢献したい」と抱負を語った。背番号は42。今季終了までの契約で年俸は1500万円プラス出来高払い(金額は推定)。

 12年から巨人でプレーし、2年間で打率・235、17本塁打、56打点。今季はメキシコ・リーグに在籍も、親日家でもあることから日本でのプレーを希望していた。楽天はユーキリスが左かかとの痛みで離脱し、ジョーンズはここ2試合で3本塁打と復調の兆しを見せているものの、打率はまだ1割台。チームの補強方針とも合致しての加入となった。

 今月下旬からの交流戦では古巣の巨人と対戦するが「対戦することがあれば、マシソンの力強い直球を打ち返したい」と元同僚に宣戦布告したい。ビザを取得次第、チームに合流する予定。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年5月3日のニュース