×

日本ハム 吉川 ようやく初白星「これからどれだけ取り返していけるか」

[ 2014年5月1日 22:45 ]

パ・リーグ 日本ハム9―5西武

(5月1日 西武D)
 パ・リーグの開幕投手で1人だけ勝ち星のなかった日本ハムの吉川が、5度目の登板で今季初白星を挙げた。5回を投げるのに102球を要する苦しい内容だったが、味方の大量点に助けられた。

 初回に熊代に速球を三塁打され、栗山の遊ゴロで先制を許した。さらに2死一塁では中村に速球をバックスクリーンへ運ばれた。立ち上がりで3点を失ったが、その後は変化球主体でかわし追加点を許さなかった。

 会心の投球とは言えないが、待望の1勝だ。柱として期待される左腕は「今まで迷惑を掛けたので、これからどれだけ取り返していけるか」と巻き返しを誓った。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2014年5月1日のニュース