×

アンダーソン 首位打者浮上 4番では打率・444

[ 2014年5月1日 05:30 ]

<巨・ヤ>6回2死、左翼線二塁打を放つアンダーソン

セ・リーグ 巨人1-9ヤクルト

(4月30日 東京D)
 4番の巨人・アンダーソンが2安打を放ち、打率・378でリーグトップに躍り出た。

 5回にチーム初安打となる右翼フェンス直撃の安打で出塁。6回には左翼線二塁打を放ち、2試合連続のマルチ安打だ。26日広島戦(マツダ)以降、4番として出場した4試合は18打数8安打、打率・444と好調を維持。「大事なのはチームのポジション(順位)。打つことでチームに貢献できればいい」と話した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2014年5月1日のニュース