×

ヤク古野 攻めて1勝「ぶつけたら謝るくらいの気持ち」

[ 2014年5月1日 05:30 ]

<巨・ヤ>今季初勝利を挙げ、つば九郎とスタンドに手を振る古野

セ・リーグ ヤクルト9-1巨人

(4月30日 東京D)
 5度目の先発でつかんだ今季初勝利。ヤクルト・古野は「チームが苦しい状況。どんな形でも勝ちたかった」と表情を緩めた。

 強打者が並ぶ巨人相手に「どんどん攻めた。ぶつけたら謝るくらいの気持ちでいった」と140キロ台の直球で内角を厳しく突いた。4回まで無安打。6回1/31失点で巨人戦初勝利を挙げて「凄い選手がたくさんいるチームなのでうれしい」と感慨に浸った。

 先発陣では負傷離脱した小川、木谷に続く3人目の白星。「僕は実績もない。結果を出さないとどうなるか分からないと危機感を持っています」。試合後も浮かれることなく次を見据えた3年目右腕を小川監督も「粘り強く投げてくれた」と称えた。借金9と苦しい戦いは続くが、反攻を目指す5月に向けてこれ以上ない形で4月を終えた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2014年5月1日のニュース