広島 史上初延長サヨナラ弾月間3発!30年ぶり一撃も

[ 2014年4月28日 07:16 ]

<広・巨>延長11回裏、無死一、三塁、エルドレッドは山口から左越えにサヨナラ3点本塁打を放つ

セ・リーグ 広島3―0巨人

(4月27日 マツダ)
 エルドレッド(広)が延長11回に来日初のサヨナラ本塁打。広島は2日ヤクルト戦の12回に堂林、4日DeNA戦の11回に梵がサヨナラ本塁打を放っており今月3本目。

 チーム月間3本のサヨナラ弾は広島では初で11年6月の中日以来13度目のプロ野球タイ記録。今回のように3本全て延長戦で飛び出したのはプロ野球初だ。また、広島で0―0のスコアからの延長サヨナラ弾は84年9月16日巨人戦で12回に長嶋が江川から記録して以来30年ぶり。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年4月28日のニュース