阪神・鶴岡 先発マスクで7戦全勝! 岩田を好リード

[ 2014年4月27日 07:44 ]

<D・神>1失点完投勝利の岩田(左)は鶴岡とハイタッチ

セ・リーグ 阪神7―1DeNA

(4月26日 横浜)
 新たな不敗神話になりつつある。今季7試合目のスタメンマスクを任された阪神・鶴岡が、好リードで岩田の完投勝利を演出。初先発の10日DeNA戦以降、先発マスクを被った試合で勝利を収めている。

 「(岩田は)ブルペンではバラバラだった。だから“真ん中に構えるよ”と試合前に言いました。流れに乗っていってから、コースに構えるようになりました」

 初回先頭から8人連続アウト。井納に右前打を許しても、そこから10人連続アウト。手の内を知り尽くした古巣・DeNA打線相手に凡打の山を築いた。追い込むと3球勝負に出ることもしばしば。岩田の球数が110球と少なかった事実が、鶴岡の「策略」がはまったことを意味している。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年4月27日のニュース