オリ金子 球団最速の1000奪三振達成 梶本抜いた

[ 2014年4月26日 07:12 ]

<オ・楽>14奪三振で1安打完封勝利を飾り、伊藤(左)と笑顔でハイタッチする金子

パ・リーグ オリックス11-0楽天

(4月25日 京セラD)
 オリックス・金子が25日楽天戦の5回枡田から三振を奪い通算1000奪三振を達成した。プロ野球136人目。初奪三振は06年4月12日西武戦で炭谷から。

 なお、1130回1/3での到達は歴代14位のスピード。オリックスでは阪急時代の57年に梶本隆が1202回で達成したのを抜く球団最速記録になった。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2014年4月26日のニュース