関甲新学生などシード 全日本大学野球組み合わせ

[ 2014年4月21日 17:28 ]

 第63回全日本大学野球選手権(6月10日から6日間・神宮、東京ドーム)の組み合わせ抽選が21日、東京都内で行われ、前回初優勝の上武大が所属する関甲新学生連盟など6連盟がシードされ、代表校は2回戦からの登場となった。

 関甲新代表は四国地区―北陸の勝者と対戦する。例年と同じ26校が参加し、延長10回から1死満塁で攻撃を始めるタイブレーク方式は今大会も実施される。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年4月21日のニュース