×

法大・玉熊 完投で初勝利「自分で守り抜こうと思った」

[ 2014年4月21日 05:30 ]

東京六大学野球第2週最終日 法大4―3立大

(4月20日 神宮)
 北海道出身の法大・玉熊が、7安打3失点で完投しリーグ戦初勝利を挙げた。

 最終回に1点差とされ、なお2死三塁のピンチを背負ったが、冷静に試合を締め「自分で守り抜こうと思った」と振り返った。9回の打席では「たまたま」と言いながら初本塁打もマーク。神長英一監督は「彼の自信になったと思う」と称えた。

 ▼法大・佐藤竜(決勝打を含む3安打2打点)甘い球を打てた。チャンスを楽しむようにやっている。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2014年4月21日のニュース