和田 大卒→社会人で300本塁打達成は初、スロー達成は2番目

[ 2014年4月9日 05:44 ]

<中・ヤ>8回、通算300号の左越え2号2ランを放ち、花束の迎えをうける和田

セ・リーグ 中日7-2ヤクルト

(4月8日 ナゴヤD)
 中日・和田がヤクルト戦の8回に真田から今季2号を放ち通算300号本塁打を達成した。

 プロ野球39人目。初本塁打は西武時代の98年8月4日の近鉄戦でマットソンから。通算1809試合での到達は松原誠(大洋)の1862試合に次ぐ2番目のスロー記録。41歳9カ月での達成は広澤克実(神)の39歳5カ月を抜く最年長になった。なお、大学卒業、社会人を経ての300号到達は和田が初めて。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2014年4月9日のニュース