初スタメン小林に原監督合格点「慎之助がデビューした時より」

[ 2014年4月7日 05:30 ]

<中・巨>3回無死小林がプロ初安打となる左前打を放つ

セ・リーグ 巨人3-4中日

(4月6日 ナゴヤD)
 巨人・小林に一切、笑顔はなかった。初先発でプロ初打席初安打を放った。それよりも、6連勝を逃した責任を重く受け止めた。

 「初安打のうれしさはないです。悔しいです。反省するところはたくさんある。1試合を通じていろんなことを経験できた。反省することがあるのが収穫です」

 3回先頭で迎えたプロ初打席。初球から積極的に振って3球目の143キロ速球を左前へ運ん だ。すぐに初安打の記念のボールは届いた。だが、8回2死一、二塁では空振り三振。リード面でも、先発・大竹のリズムをつくれなかった。それが悔しかった。

 「下位打線で走者を出して、ルナ、平田さんの3、4番で還された。防げるところはあった」。5回、先頭の8番打者の堂上直に中前打された。4回、平田に逆転2ランを浴びた大竹を立ち直らせるには、5回、先頭打者を切ってリズムを生む大事な場面だったとルーキーは反省した。

 それでも原監督は合格点を与えた。「今の柱となっている部分は、変える必要はまったくない。(阿部)慎之助がデビューした時より、はるかに堂々としているキャッチャーぶりだった」。将来の正捕手と指揮官は認める。阿部が戻ってくるまで、小林が先発マスクをかぶるのは間違いない。小林自身も出場できただけで満足するわけがない。

 春季キャンプ中に阿部から「自分の色を出していくことも大事」と言われ、目が覚めた。周囲に合わせるだけでなく、信念を持つことも大切だと知った。この2日間は阿部だけでなく、中日・谷繁のリードも追った。毎日が充実している。

 「監督にも自信を持ってやれと言われました。もしチャンスをいただけるのなら、次はもっとうまくリードしたい」

 もう目線は次の試合へと向いていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年4月7日のニュース