清田2試合で3連発 4発目は「打ちたかったけど甘くない」

[ 2014年4月7日 05:30 ]

<ロ・日>4回無死一、三塁、左中間本塁打の清田は得意げにガッツポーズ

パ・リーグ ロッテ7-1日本ハム

(4月6日 QVC)
 一本足打法に変えて、打撃が変わった。ロッテ・清田が同点の2回、左中間に勝ち越し2号ソロ。4回には再び左中間に3号3ランを放った。

 「1本目は完璧。2本目は少し上がりすぎたけど、しっかり芯で捉えたから伸びてくれた」

 この時点で途中出場した4日の日本ハム戦(QVCマリン)の最終打席から3打席連発。日本記録の4打席連発がかかった6回は「打ちたかったけど、そんな甘くないのでセンター前を狙っていった」。結果は三ゴロだったが、7回には左翼線適時二塁打で3安打5打点の大暴れだ。開幕後は不振に陥り、すり足から一本足打法に変えた4日の1号3ランが今季初安打。外野陣の層が厚く前日はスタメンを外れた背番号1は「これで楽になった。気分良く次の試合に入れる」と胸を張った。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2014年4月7日のニュース