オリックス 開幕戦2年連続サヨナラ負け 2リーグ制後初の屈辱

[ 2014年3月29日 05:30 ]

<日・オ>7回、降板するオリックス・金子。右は比嘉

パ・リーグ オリックス5-6日本ハム

(3月28日 札幌D)
 4年ぶりの開幕戦勝利を目指したオリックスには、1つの白星が遠かった。すでに勝ちのなくなった延長12回、7番手のルーキー・東明が1死満塁から小谷野に三遊間を破られた。開幕戦2年連続のサヨナラ負けは、2リーグ制後初の屈辱だ。 「最善の策を尽くしたが、相手が上回った」

 森脇監督は無念の口ぶり。9回2死から平野恵と糸井の連続長短打で追いつき、10回1死からは新加入のペーニャのチーム今季1号ソロで勝ち越した。しかしその裏、2イニング目に突入した平野佳が踏ん張れなかった。初回2死満塁でも左中間へ先制2点二塁打を放ったペーニャだったが「数字は良かったが、チームの勝利のためにやっているので、あまり意味をなさない」と表情を曇らせた。

 2年連続4度目の開幕投手を務めた金子は6回まで2失点と粘りの投球。しかし7回、大谷に同点となる適時二塁打を浴びて無念の降板。8回から登板した昨年の最優秀中継ぎ投手の佐藤達も1死三塁から伊藤の捕逸で失点した。

 昨季19勝26敗と苦しんだ1点差ゲーム。接戦での弱さを払拭しない限り、チームの躍進などあり得ない。 

 ≪初の2年連続開幕戦サヨナラ負け≫オリックスが延長12回サヨナラ負け。開幕戦のサヨナラ負けは2リーグ制以降38度目でパ・リーグ19度目。オリックスは昨季もロッテに延長12回逆転サヨナラ負けを喫しており、2年連続は両リーグ合わせて初の屈辱となった。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年3月29日のニュース