藤浪VS大谷、717日ぶりの投げ合い!思い出の甲子園で軍配は…

[ 2014年3月8日 15:00 ]

日本ハムの大谷(左)と阪神の藤浪

オープン戦 阪神5―6日本ハム

(3月8日 甲子園)
 高校時代に甲子園を沸かせた阪神の藤浪晋太郎投手(19)と日本ハムの大谷翔平投手(19)が8日、思い出の甲子園でプロ入り後初めて投げ合った。ともに150キロ超の直球を投げ合ったが、藤浪が5回を投げ9安打5失点、大谷も同じく5回を投げ2安打1失点だった。

 2人の投げ合いは、高校3年生だった2012年3月21日の選抜高校野球選手権1回戦(甲子園)で大阪桐蔭(大阪)と花巻東(岩手)のエースとして投げ合って以来。その時は藤浪の大阪桐蔭が9―2で大谷の花巻東に勝利。その後、ともに12年ドラフト1位でプロ入りした後は、交流戦で「投手・藤浪」対「打者・大谷」の対戦はあるが、お互いに投手として投げ合うのは今回が初めてで、センバツ以来717日ぶりとなった。

 試合前日、藤浪は「ファンの方には喜んでもらえると思いますけど」とサラリとかわし、大谷は「負けた思い出しかない。勝って良い思い出にしたい」と話していた。だが、試合が始まると、ともに初回から150キロを超える速球を披露。藤浪が153キロの直球で2番・杉谷を遊撃へのライナーに仕留めれば、負けじと大谷は3番・鳥谷を156キロの直球で空振り三振に斬って取るなど、お互いに好スタートを切った。

 2回には、藤浪が5番・稲葉に中前へ初安打された後に6番・小谷野、7番・佐藤賢、8番・近藤を3者連続三振に仕留めれば、その裏、大谷も先頭の4番・マートンに中前に初安打を許した後で5番・新井貴を二塁への併殺打に仕留めてピンチを切り抜けるなど、甲子園は徐々にヒートアップ。

 だが、3回に試合が動いた。藤浪が先頭の9番・中島に左前打され、三振と盗塁で1死二塁としてから2番・杉谷に左前打を浴び先制点を許すと、盗塁されて1死二塁となってから3番・西川の左前打で2失点目。一方、大谷は7番・新井良、8番・清水を連続三振に斬って取った。

 4回はともに走者を出したものの、無失点。

 そして、藤浪は5回に再びつかまった。先頭の9番・中島の投手強襲安打から連打と犠打で1死二、三塁。3番・西川に右前に2点適時打を浴び、0―4とすると、さらに2死後、5番・稲葉に左前打され、ついに5失点となった。大谷はその裏、1死から初めて四球を与え、7番・新井良の右前打で1死一、三塁とされると、代打・坂の二塁ゴロの間に1点を失い、5回を終えて日本ハムが5―1とリードした。

 結局、藤浪は5回で降板。投球内容は5回で101球を投げ、6三振を奪ったものの9安打を浴びて5失点。与えた四球は1だった。

 また、大谷も5回で降板し、こちらは5回で71球を投げ、2安打1四球4奪三振だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年3月8日のニュース