ナックルボーラー大家 三者凡退で監督評価、本人はまだまだ不満

[ 2014年2月26日 09:38 ]

紅白戦で1回を三者凡退に抑えたブルージェイズとマイナー契約の大家

 米大リーグ、ブルージェイズとマイナー契約を結んでいる大家が25日、フロリダ州ダンイーデンでの紅白戦で1回を三者凡退に抑えた。

 5番手で登板。先頭には速球をフェンス際に運ばれたものの左飛。続く2人をナックルボールで三ゴロ、右飛に仕留めた。ギボンズ監督は「今日投げた投手で一番速くイニングを終えた。良かった」と評価したが、大家は「もっと安定して、いいボールが投げられるはず」と悔しそうだった。

 ナックルを投げ始めて、まだ2年足らずだ。ウォーカー投手コーチは「大リーグ経験が長いしピッチングもよく知っているが、ナックルの習熟には時間がかかる」と我慢を強調する。

 連日の早出、居残りで投げ込む大家は「完璧は難しいが、それを目指すことをやめたら、いいナックルボーラーにはなれない」とひた向きに汗を流し続けている。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年2月26日のニュース