DeNA・小林寛 1軍昇格即70球に監督も高い評価

[ 2014年2月20日 18:52 ]

 20日1軍に昇格したDeNA・小林寛が早速、ブルペンで70球を投げてアピールした。中畑監督は「マウンドで躍動感のあるボールが来ていた」と評価し、4年目右腕は「強気に攻めていくところを見せたい」と言葉に力を込めた。

 希望する先発以外でも与えられたポジションを全うするつもりだ。昨季まで通算2勝と今季に懸ける思いは強い。投球練習後は捕手の黒羽根と熱く意見をぶつけ合い「嫌われてもいいから言っていかないと。しっかり危機感を持ってやっていく」と言い切った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年2月20日のニュース