大瀬良この時期異例の150キロ 野村監督「モノが違う」

[ 2014年2月16日 05:30 ]

シート打撃に登板する大瀬良

 広島のドラフト1位・大瀬良大地投手(22=九州共立大)が15日、第4クールに入った日南キャンプで初のシート打撃に登板した。直球はこの時期では異例の150キロをマークし、主力打者8人を1安打に抑える力投。クイックタイムも1.1秒台と、球界トップクラスの数字を示した。これには野村監督も「モノが違う」と大満足、前評判通りの実力に目を細めた。

 居並ぶ1軍の主力打者を相手に、堂々の立ち回りを演じた。37球で8人の打者を1安打に抑え、ファウル14球、空振り5個を奪ったシート打撃登板。今春初めて臨んだ実戦形式での結果に、黄金ルーキーは確かな手応えを感じ取っていた。

 「自分らしい球は投げられたと思います。直球で引っ張られたファウルはなかった。差し込め、空振りも取れたので」

 いきなり魅せた。石原への5球目に早くも150キロを計測。まだ春季キャンプ中盤の2月15日、しかも新人が初登板のシート打撃で計測した数字だ。それでいて「時期を考えればスゴく出ているけど、まだ8~9割で全力じゃない」と言ってのける。末恐ろしい。

 首脳陣を驚かせたのは球速だけじゃない。この日は走者一塁を想定しての練習。そのクイックタイムは、始動から捕手が捕球するまで平均1・1秒だった。1軍レベルで一般的に1・2秒とされるだけに、これもまさに出色の数字。これには野村監督もニンマリだ。

 「スピードもだけど、ランナーを置いてのクイックが早かった。(視察に来ていた)他球団のスコアラーも“できる”という評価だったと思う」

 初ブルペンからフリー打撃、シート…と、投げるたびに評価を高める22歳。この日のブルペンでは、フォームのわずかな乱れに気づいたという。「いい時に比べると右肘の位置が低く、腕が横振りになっていた」。それを自分ですぐに修正できる能力。右腕の才能だ。

 この日は大瀬良が小学4年~6年まで在籍した国分西スポーツ少年団の監督、選手10人が鹿児島県霧島市から応援に訪れた。「ユニホームが当時のままで懐かしい。元気をもらいました」。成長し、たくましくなった姿を内外に誇示した1日。無論、反省材料もある。

 「広瀬さんに(左中間二塁打を)打たれたのは抜けたカットボール。次はカットの精度と制球を修正して臨みたい」

 18日の紅白戦に登板予定。次回はどう魅了してくれるのか楽しみだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年2月16日のニュース