DeNA新人トリオが中田斬り!ドラ2平田中継ぎいける

[ 2014年2月16日 05:30 ]

<D・日>4回1死三塁、三振に倒れる中田(投手・平田)

練習試合 DeNA2―4日本ハム

(2月15日 宜野湾)
 即戦力の看板に偽りなしだ。実戦デビューを飾ったDeNAの新人トリオが、日本を代表するスラッガー・中田を3打数無安打2三振と完璧に封じ込めた。圧巻だったのは、2番手で登板したドラフト2位右腕・平田(Honda熊本)だ。

 4回1死二塁のピンチで対戦。1ボール1ストライクから得意のスライダーを投げ込むと内角から鋭角的に曲がり、中田をのけぞらせた。続く4球目もスライダー。真ん中高めに甘く入ったが、3球目の残像が効いて空振り三振だ。「スイングが凄かった。スライダーは抜けました」と冷静に振り返ったが、続く5番・北も外角直球で見逃し三振だ。2回を1安打無失点。最速145キロを計測し、3三振を奪う内容に、中畑監督は「ピンチで力を発揮する。持っているものを全て出して迫力を感じた。投げっぷりがいい。中継ぎで十分使える」と目を細めた。

 中田とは同じ89年生まれだが、対照的な野球人生を送ってきた。豊北では3年夏に山口大会3回戦敗退。「最初から甲子園を目指していなかった。(中田は高校時代に)テレビで見て凄いなあって。対戦なんて全く想像していなかった」。本気で野球に取り組んだのは北九州市大4年時から。恩師の徳永政夫監督(57)は肩の関節が柔らかく、腕の振りが鋭い平田に注目し「入部した時から140キロ出ていたから、本気になったら伸びると思った」という。底なしの潜在能力で、雲の上だった中田から空振り三振を奪った。

 視察した侍ジャパンの小久保監督も「スライダーの切れ、制球が武器になる。柿田も良かったがばらつきがあった。その後の平田が輝きすぎていたので」と絶賛した。「先発でも中継ぎでもいい。1軍で投げられればいいです」と平田。凄みのある球と純朴な素顔のギャップも大きな魅力だ。

 ▼日本ハム中田(DeNAの新人3投手について)変化球も切れていたし、良かったんじゃない。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年2月16日のニュース