巨人新助っ投セドン シート打撃登板、満足顔の25球

[ 2014年2月13日 17:34 ]

 巨人新外国人のセドンが、雨で中止となった紅白戦の代わりに行われたシート打撃に登板し、井端やロペスら打者6人に対して25球を投げた。「試合で使えるくらいの質の球を投げられた」と満足そうに話した。

 1メートル93の長身左腕は昨季、韓国プロ野球で最多勝を獲得した。この日は阿部と相談してカーブやスライダー、チェンジアップなど全球種を試し「チェンジアップをより低めに、カーブの精度も高めたい」と次の課題を挙げた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年2月13日のニュース