上原 マー君ら大補強の宿敵にライバル心「倒しがいある」

[ 2014年2月13日 05:30 ]

米国へ向けて出発するマスク姿のレッドソックス・上原

 昨季レッドソックスの守護神としてワールドシリーズ制覇に貢献した上原が12日、成田発の全日空機で渡米。田中が移籍したヤンキースにライバル心をむき出しにした。

 田中がレッドソックスとの対戦を心待ちにしていることに、「(田中と直接)対戦するわけじゃないけど、同じ東地区で何回か見られると思うので凄く楽しみ。ましてヤンキースは(オフに)凄い補強をしている。“しすぎやろ”っていうくらいね。だからこそ倒しがいがある」と宿敵に闘志を燃やした。

 昨季は73試合に登板して4勝1敗21セーブ、防御率1・09。それでも今年4月に39歳を迎える右腕は「(抑えは)決められたポジションじゃない。キャンプできちんと成績を残して、ポジションを勝ち取れるようにやっていきたい」と気を引き締めていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年2月13日のニュース