西武ひちょりが一塁守備に 動きはぎこちなかったが…

[ 2014年2月8日 19:19 ]

投内連係で一塁を守る西武・森本。右は中村、左は山崎

 DeNAから西武に移籍した森本が投内連係で一塁の守備に就いた。外野手一筋で、1軍の試合で内野を守った経験はない。動きはぎこちなかったものの「(チームが)困った時にしっかりいけるようにしたい」と意欲を見せた。

 故障明けの中村の負担を軽減し、守備陣の選択肢を増やすための策。奈良原守備走塁コーチは「1人で二つのポジションを守れないと。練習しておけば万が一の時に役立つ」と説明した。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年2月8日のニュース