A・ロッド 訴訟取り下げ 今季全試合の出場停止確定

[ 2014年2月8日 09:58 ]

訴訟を取り下げ、今季全試合の出場停止となったヤンキースのA・ロドリゲス

 ヤンキースのアレックス・ロドリゲス内野手(38)が7日、大リーグ機構(MLB)に薬物規定違反で今季全試合の出場停止処分の撤回を求める訴訟を取り下げた。処分を受け入れ、今季中の出場停止が決まった。

 通算654本塁打のロドリゲスは昨年8月にMLBから211試合の出場停止処分を科され、異議を申し立てて昨季残り試合に出場。今年1月に仲裁人からポストシーズンを含む今季全試合の出場停止処分の裁定を受けたが、不服として提訴していた。

 また、選手会も「ロドリゲスの権利を守る義務を放棄し、何も行動を起こさなかったことで、MLBが(ロドリゲスの権利を)踏みにじりやすい空気をつくった」として訴えていたが、こちらも取り下げた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年2月8日のニュース