マー君 12日入団会見 場所はヤンキースタジアム、9日渡米へ

[ 2014年2月8日 05:43 ]

ヤンキースタジアムで入団会見を行うことが決まった田中

 ヤンキース入りが決まった田中将大投手(25)が、11日午後(日本時間12日未明)にヤンキースタジアムで入団会見を行うことが6日(同7日)、分かった。ヤ軍関係者が明らかにした。

 4日に就労ビザを取得した田中は、9日に渡米する予定。ヤ軍関係者は「ビザ取得から渡米までの準備期間を考え、キャンプ集合日から逆算した最良の日程」と日程調整の経緯を語った。14日(同15日)の集合日に備えてフロリダ州タンパへ移動する必要があり、ニューヨーク滞在は長くても3~4日間。新居探しも行うとなると、かなりの強行軍となる。

 田中が駒大苫小牧時代の06年8月に高校選抜の一員として訪れたのは旧ヤンキースタジアム。初見参となる球場で背番号「19」のピンストライプ姿がお披露目される。

 この日、田中はコボスタ宮城に姿を見せず渡米に備えた。7年総額1億5500万ドル(約158億1000万円)でヤ軍と合意した後、先月23日に行った会見では3度「世界一」と目標を口にした右腕。新天地での「第一声」に注目が集まる。

 ≪日本人NY入団会見≫

 ☆伊良部秀輝(97年5月30日)ヤンキースタジアムに報道陣100人。米移籍をめぐる騒動もあり「野球を失うかもしれないと思った」と心境を吐露。

 ☆松井秀喜(03年1月14日)ニューヨーク市内のホテルに報道陣500人。ジョー・トーリ監督のほかニューヨーク市長、エースのクレメンスらも同席した中で「ベストを尽くしてワールドチャンピオンになれるよう力になりたい」と抱負を語った。

 ☆井川慶(07年1月8日)ヤンキースタジアムに報道陣200人。カタカナのカンペを手に「サンキュー。アイアム・ケイ・イガワ…」とあいさつ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年2月8日のニュース