スポニチ大会注目の新人 ダルも絶賛の東京ガス・山岡

[ 2014年2月6日 16:50 ]

 スポニチ大会では新人選手にも注目が集まる。

 
 瀬戸内(広島)のエースだった山岡泰輔投手は東京ガスに入社する。昨年の18Uワールドカップでは松井裕樹(現楽天)らとともに日本代表の一員として準優勝に貢献。4試合に登板し無失点の投球が評価され、救援部門のベストナインにも選出された。映像を観たレンジャーズ・ダルビッシュが「プロにすぐ行くべき」と評するほど将来性豊かな右腕だ。

 日立製作所には昨年まで西武でプレーした山本淳投手が加入。同じく楽天でプレーした加藤貴大投手はJFE東日本で社会人のマウンドを目指す。昨年の日米大学野球で首位打者に輝いた法大の大城戸匠理内野手はHonda鈴鹿入りした。

 昨春センバツで本塁打を記録した敦賀気比(福井)の喜多亮太捕手はセガサミーで再出発を図る。同じくセガサミーに進んだ横田哲投手は上武大のエースとして昨年の全日本大学野球選手権優勝に貢献した左腕。投球術に長けているだけに、デビュー戦でどのような投球を見せるか期待される。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年2月6日のニュース