慶大・竹内新監督 近日中に手術へ 内臓疾患で入院

[ 2014年2月2日 05:30 ]

慶大の竹内監督

 東京六大学野球リーグの慶大は1日、竹内秀夫新監督が内臓(すい臓)疾患で検査入院中と発表した。近日中に手術を受ける予定で復帰は未定。同監督は12月に助監督から昇格したばかりだった。

 当面はOB会「三田倶楽部」メンバーが指導する。ナインはこの日、横浜市の同大グラウンドで始動。指揮官は病床から「いない間とにかく頑張ってくれ」とビデオメッセージで訓示を述べ、佐藤主将は「選手でしっかり考えて練習したい」と前を向いた。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2014年2月2日のニュース