バークマンが現役引退へ、メジャー366本塁打 昨季はダル同僚

[ 2014年1月30日 09:39 ]

 米大リーグ、アストロズなどで通算366本塁打を放った両打ちの強打者バークマンが引退を決断したと29日、大リーグ公式サイトが報じた。昨季はダルビッシュの所属するレンジャーズでプレーした。

 37歳のバークマンは1999年にアストロズでメジャーに昇格し、翌年から10年連続で20本塁打以上を記録。カージナルスに移籍した2011年はワールドシリーズ制覇に貢献した。通算1879試合で、打率2割9分3厘、1905安打、1234打点。(共同)

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2014年1月30日のニュース