星野監督「ちょっぴり寂しい」も激励 楽天ナインもエール

[ 2014年1月23日 19:22 ]

 楽天の星野監督やチームメートは23日、大黒柱の田中のヤンキース移籍決定を受け、さまざまな思いを語った。前日夜に田中から電話で伝えられた指揮官は「ちょっぴり寂しいけど、羽ばたいてほしい。コンディションさえ良ければ、日本中の期待に応えてくれるでしょう」と激励した。

 元メジャー組は応援の言葉を並べた。松井稼は「自分のペースでけがをすることなく、世界一を目指してほしい」とエールを送り、斎藤は「野球に関しては何も心配していない」とコメント。元ヤンキースのジョーンズは「彼の投球を続ければメジャーでも必ず成功できる」と太鼓判を押した。

 同期入団で女房役を務めた嶋は「投げるのを楽しみにしている」と新天地での姿が待ち遠しそう。エースの後継者として期待される則本は「寂しい気持ちはあるけど、応援したい気持ちの方が強い」。ドラフト1位ルーキーの松井裕は「田中投手を目指して頑張りたい」と飛躍を誓った。昨季の日本シリーズMVPの美馬は「日本代表みたいな感じで行くと思うのでいい報告を届けてほしい」と期待した。

 ▽山崎武司氏(楽天時代の同僚)の話 結果を求められるし、大変だと思うけど、プレッシャーに強いからね。20勝を目指してほしい。背中を追ってメジャーを目指す若い選手もいると思うし、手本となるような結果を出せるように頑張って。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2014年1月23日のニュース