虎の新守護神、呉昇桓「ブルペンにいつでも入れる体」 韓国へ帰国

[ 2014年1月23日 09:20 ]

 阪神の新しい抑え役として期待される呉昇桓(オ・スンファン)投手(31=サムスン)が22日、先月18日から滞在していた米グアムでの自主トレを打ち上げて韓国へ戻った。

 年をまたいだ1カ月強の期間ではサムスン時代の先輩で元ヤクルトの林昌勇(イム・チャンヨン)と1日6時間以上のトレーニングを積み、報道陣に練習を公開した18日には「選手としては“試合に出ろ”と言われれば出る体をつくるのが当たり前。ブルペンにいつでも入れる体はつくれた」と手応えを口にしていた。近く来日し、春季キャンプ地の沖縄・宜野座へ先乗りする予定だ。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2014年1月23日のニュース